区分マンション 任意売却相談強化中!

区分マンションの任意売却を行う際に注意することは何でしょうか?

区分マンションの任意売却では、諸費用として延滞管理費や延滞修繕積立金が控除されることが最大のポイントとなります。
中古マンションを購入した人は、延滞している管理費や修繕積立金の支払い義務を負うことになりますので、任意売却の際にきちんと精算しておかないと後でトラブルとなるからです。

このように、延滞管理費と延滞修繕積立金を諸費用として任意売却代金から控除することができる場合が多いです。
これは必ず出来るわけではなく、債権者の金融機関によってその範囲はまちまちなので注意が必要です。
住宅金融支援機構などでは、延滞している正味の部分は控除されますが、遅延損害金が発生している場合は控除の対象にはなりません。
また金融機関によっては、あまりにも滞納額が高額になっている場合は一定額までの上限を言われることもあります。

未払いの管理費や修繕積立金などがあるかないか、ある場合はいくらかを調査することは、区分マンションの任意売却において大変重要なポイントとなります。
http://kaitori.konzern-am.com/#contact

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です